ミルクティーのミルクは先か後か


milktea

ミルクティーで結論が出ない「ミルクが先か、後か」

私は…まだ答えもってない!

なぜなのか?後だと紅茶に合わせて味を調節できるし、先だとミルク感を楽しめる気がする。先の時はどんな時かっていうのは茶葉を決めていて紅茶の濃さを調節して入れられる状態の時。

味が違うのか?少し違って感じます。「わかるわけないでしょ?」と言われると気持ちの持ちようかな。

それより問題なのはミルクの温度。冷たいと紅茶は一気に冷めることに。でも膜がはるくらい加熱しすぎたミルクはおいしいかどうか疑問を持つので、程よい温かさか室温程度のミルクを使うのが好み。

イギリスでは2003/6/24に発表された英国王立化学協会の「一杯の完璧な紅茶の入れ方(英文)の中で「最初にミルク」と書かれています。

やはりイギリスで先と言ってるなら先だろう!と思うのもしかり。でもティーバッグで入れた紅茶とかリキッドタイプに紅茶に対して先かというと、なんとなく違うのではない?という価値観を持っています。

これはきちんと入れた紅茶であれば先にミルクがいいのであるということだと思います。

ちなみにリプトンのイエローラベルにはミルクにティーバッグを入れて、レンジでチンというレシピが。これは先か後かというと全く別の話になりますね。このレシピ、チンし過ぎるとレンジの中でミルクがこぼれたり大変なことになるので、少なめに入れるのをおすすめします。(もうレンジでチンっていう時代じゃないよね、メロディーが多い?)

「後か先か」の絶対こっち!というご意見を聞いてみたいので、コメントください。

 


2014-05-18 | Posted in コラム, 紅茶を楽しむNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment