紅茶の種類 – ストレートティー


紅茶にはたくさんの種類があります。ストレートについてはおおよそ生産された地名が名称となります。最近ではダージリンと一言でいっても茶園まで明記されることも多くなり、一段と名称が増えています。

それでは、世界中にある茶葉のうちの一部をご紹介します。

 

Straight

  • ダージリン (Darjeeling)

産地:北インド
水色:オレンジ色
ストレートティー向き/マスカットフレーバーと呼ばれる独特の香りが特徴、専門店では茶園ごとに売られています。


  • アッサム (Assam)

産地:北インド
水色:澄んだ濃いめの紅色
ミルクティーに最適/タンニンが多い。くせが少なく芳醇な香り


  • ニルギリ (Nilgiri)

産地:南インド
水色:濃いめのオレンジ色
ミルクティーやバリエーションティーに最適/フレッシュですっきりとした香り&しっかりとした味


  • ウヴァ (Uva)

産地:セイロン島南東部
水色:明るい紅色
ミルクティーに最適/芳醇で刺激的な味、香り高い


  • ディンブラ (Dimbula)

産地:セイロン島中央部
水色:オレンジ色
アイスティーやバリエーションティーに最適/バラの香りににたやわらかい香り&マイルドな味


  • ヌワラエリヤ (Nuwara Eliya)

産地:セイロン島中央部
水色:オレンジ色
ストレートティー向き/さわやかな香り&しっかりとした味


  • キャンディー (Candy,Kandy)

産地:セイロン島中央部
水色:輝きのある紅色
バリエーションティーやアイスティーに最適/渋みが少なく、こくのある味


  • ルフナ (Ruhuna)

産地:セイロン島南部
水色:深く濃い紅色
ミルクティー向き/独特のスモーキーフレーバーを持っている。渋みは少ない


  • キーマン (Keemun)

産地:中国安徽省
水色:薄目のオレンジ色
ストレートティー・ミルクティー向き/蘭のようなスモーキーフレーバー、中国茶のブルゴーニュ酒ともいわれる


  • ケニア (Kenya)

産地:ケニア
水色:濃い紅色
アイスティー・ミルクティー向き/渋みがなく、こくがあり、甘みもある


  • ジャワ (Java)

産地:ジャワ島
水色:明るいオレンジ色
アイスティー・ミルクティー向き/マイルドな香味、品質も安定


  • カンヤム・カンニャム (Knyam)

産地:ネパール
水色:オレンジ色
ストレートティー向き/珍しいお茶。ダージリンのように香りが芳醇。(作者のお気に入りのひとつ)


  • ラミン (Raming)

産地:タイ
水色:濃い茶色
ストレートティー・アイスティー向き/大きなリーフが特徴


  • ジョルジ (Georgie)

産地:ロシア
水色:濃いオレンジ色
ストレートティー向き/甘い味が特徴


  • リゼ (Rize)

産地:トルコ
水色:濃い茶色
チャイ・ストレートティー向き/輸出量の非常に少ないお茶


  • ギャル (Galle)

産地:セイロン島南部
水色:明るいオレンジ色
アイスティー・ストレートティー・ミルクティー向き/花のような香り

また茶葉の説明で「ゴールデンティップ」「シルバーティップ」という言葉を目にする機会があると思います。これは茶樹の新芽に関してよばれるものです。これらは大変希少価値の高い茶葉ですが単体でおいしいかどうかといわれると難しいところかもしれません。

たまにゴールデンティップだけの茶葉が大変高い価格で販売されていたりしますが、水色も薄く、味も紅茶としてはどうなんだ?という印象を持っています。これらのティップは多く含まれている分にはおいしいと感じますが100%となると印象が変わってしまいます。ある程度含まれていると味に奥行きとまろやかさをもたらしてくれる「ゴールデンティップ」と「シルバーティップ」は主役ではなく脇役と捉えるのがおすすめです。


2014-05-03 | Posted in 紅茶の種類Comments Closed 

関連記事