紅茶の歴史 – 年表


chronological

年表形式による紅茶の歴史を紹介

勘弁な一覧なので、精度は高くありません。

 

350年頃

中国で茶の栽培開始
729年
聖武天皇、行茶の儀を行う
805年
最澄が唐から茶の種子を持ち帰る
1168年
栄西が宋から茶の種子を持ち帰り肥前に蒔く
1587年
秀吉が北野大茶会を開催する
1610年
オランダ人によってヨーロッパに緑茶が運ばれる
1600年代
ポルトガル、オランダの宮廷にお茶が広まる
1657年
イギリスにもお茶が輸入され、トマス・ギャラウェイがロンドンで販売
1689年
イギリスが中国の広東から茶の直輸入を開始する
1706年
イギリス最古の紅茶商「トワイニング」の元、「トム」が創業
1721年
イギリスの東インド会社が茶の輸入権をほぼ独占
1730年代
イギリスに続々とティーハウスが登場
1773年
ボストン茶会事件が勃発
1831年
イギリスの冒険家ブルースが、インドのアッサム地方で自生の茶樹を発見
1830年代後半
イギリスの東インド会社が植民地であるインドで紅茶を栽培
1838年
インド茶、初めてのオークションがロンドンで行われる
1839年
セイロン(現スリランカ)に茶樹が持ち込まれる
1845年
緑茶と紅茶が製造方法が違うだけで原料が同じであることを発見
1875年
明治政府による紅茶伝習所が日本各地につくられる
1887年
初めて日本がロンドンに紅茶を輸出
1895年
セイロンのコーヒー園がサビ病により、壊滅。その後、茶園に変わる
1904年
ティーバッグの起源といわれるものが考案される
1904年
セントルイスで開催された万博で偶然イギリス人のよってアイスティーが発明される
1906年
明治屋がリプトン紅茶を初めて輸入する
1924年
東アフリカでの茶の栽培が始まる
1927年
三井紅茶(現 日東紅茶)が誕生する
1971年
紅茶輸入自由化となる
※多くの書籍を参考にしています。


2014-05-11 | Posted in 紅茶の歴史Comments Closed 

関連記事