紅茶の文化 – ティータイムとは


伝統的なイギリスのティータイム

・アーリー・ティー(ベッド・ティー)
朝の起き抜けの一杯です。まだ眠りから覚めきらないぼんやりとした頭を、紅茶の香味ですっきりと目覚めさせます。また、お通じを良くする高架もあります。1日のうちで、最もプライベートなお茶の時間といえるでしょう。忙しい現代では、このすてきな習慣も失われつつあります。

・ブレックファースト
イギリス人の朝食に紅茶は欠かせません。マグカップなどにたっぷり注がれた紅茶に、カリカリに焼いたトースト、コーンフレーク、ベーコン、卵、フルーツなどが用意されます。

・イレブンジィズ
朝のあわただしいひとときの後で、または仕事の手を休めて、気分転換に飲む紅茶の時間です。以前は、会社などに専門にお茶の支度を受け持つティー・レディーがいて、ワゴンでお茶のサービスをしてくれていました。このティーブレイクは仕事場でも家庭でも15分ほどで手早くすませます。

・ミッディ・ティーブレイク
午後のおやつ時のティータイムです。親しい近所の方などと、気楽なおしゃべりを楽しんだりもします。この場合は、クッキーや簡単な焼菓子などを用意します。

・アフタヌーン・ティー
ミッディ・ティーブレイクの特別なものとして休日に催します。社交を目的としており、午後の4時頃から始まります。センス良くテーブルセッティングをして、メニューもサンドイッチやスコーン、クッキー、ケーキなど豪華にそろえ、会話を楽しみます。19世紀中頃に、イギリスの7代目ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリアが、夕食までの間の空腹に耐えかねて午後の5時頃に紅茶を飲み、軽食をとったことがはじまりとされています。

・ハイ・ティー
イギリスの工場地帯や農村部、それにスコットランドに伝わる夕食のことで、今日まで続いている習慣のことです。もともとは、午後6時頃帰宅した男性と子供達のためにもので、肉類(ミート)中心のメニューで、飲み物がティーに限られていたことから、別名「ミート・ティー」とも呼ばれます。「ハイ・ティー」の語源は、ハイバック・チェア(小さい子供の食事用の脚の高い椅子)の「ハイ」からきたものといわれています。現在では、コンサートやオペラなどに出かける前に、軽い食事を兼ねたお茶の時間をさすことが多いようです。メニューは、クッキーケーキ、サンドイッチなどの他には、ナッツ類、魚や肉類が用意され、男性が参加する場合にはオードブルやアルコール類も出されます。

・アフタディナー・ティー
夕食の後や、ねる前にひとときをくつろいで過ごすためのティータイムです。家庭だけの場合はもちろん、お客様とのディナーが終わった後にお茶の時間の場合もあります。やや薄目のミルクティーなどで体を温め、緊張を解きほぐします。ときには、ウイスキーやブランデーをほんの少し入れるのもよいでしょう。チョコレートなど、甘みの強いお菓子を少し一緒に楽しむそうです。

・ナイト・ティー
1日の終わりにくつろいで飲む紅茶は、カップもティーカップにこだわらず趣味性の強い物もいいのではないでしょうかたとえば、抹茶のお茶碗などで飲むと、いつもの紅茶もまた違った味わいをもたらしてくれるでしょう。

(ティータイムに関する参考文献 大泉出版 おいしい紅茶)
書籍等を参考にしております。不都合などあればご連絡ください。


2014-05-10 | Posted in 紅茶の文化Comments Closed 

関連記事