紅茶を知る    茶葉・銘柄を知る / 等級を知る / 旬を知る / 文化を知る / 歴史を知る / 特性を知る / 入れ方を知る / 水との相性を知る / 扱い方を知る

 

紅茶の入れ方

 

紅茶の入れ方にはゴールデンルールと呼ばれる有名な入れ方がある。しかしその前に重要なポイントについて紹介。

紅茶の三大要素として「香り」、「色」、「味」がある。このうちの「色」と「味」はポットで決まってしまう。これは何故かというと単純に、抽出時間やポットでの茶葉の動きに起因するからというわけ。

他コーナーでポット選びについて簡単に書いていたりしますが、厳しい理想を書いてみるとこんな感じになっちゃいます。

  • できるだけ丸いものを選ぶ。
  • 保温性の高いものを選ぶ。
  • ボーンチャイナ製が大変好ましい。
  • 鉄製のポットは絶対使わない。

これらの理由は簡単で、上から3つの項目はジャンピングをできるだけ起きやすい状態にする為です。水温が下がるとジャンピングが起きないから温度を保てて、さらに対流が起きやすい形というわけです。

鉄製のポットという点は紅茶に含まれるタンニンが鉄と化合して水色が悪くなることを防ぐ為です。3番目のボーンチャイナ製がいいというのは、ここにも起因しています。

次は茶葉の量について。

茶葉の量で有名なのが「ポットの為の1杯」。これを入れるとたぶん渋い紅茶になります。硬水でいれるヨーロッパの紅茶であれば、必要な茶葉ですが、軟水の日本ではこれをいれると渋くなります。まぁ好みですが個人的に必要なカップ数分だけの茶葉がベストと思います。

また、ティースプーンやティーメジャーでカップ数分そのまま茶葉をいれてしまうのもNGと思います。別に日本茶を飲むのに決まった分量でいれます?たぶん茶葉に応じて量を変えるはずです。これは紅茶の茶葉についても同じです。自分の舌で、おいしいと思う茶葉の量を探してみてください。そうすると渋いなーというイメージが拭えておいしい紅茶を楽しめると思います。

最後に注ぎ方。

茶葉の抽出時間は人それぞれ、茶葉それぞれなどので置いておきます。注ぎ方で保存用ポットに移す方やカップに直接注ぐ方とパターンがあるかと思いますが、茶葉が入っているポットから注ぐときのポイントととしてフルリーフなら上下に軽く動かしながら注ぐといいと思います。茶葉が沈みきっているので軽く混ざる感じになって均等になるはずです。ショップによっては最後にティースプーンで軽くまぜたりするところもあります。ちなみにブロークンでこれをやると雑味が増えますので、やめた方がいいと思います。

長い長い講釈はこれくらいで、ゴールデンルールをご紹介。でもこの入れ方にこだわる必要はないかな。

 

ゴールデンルールの入れ方

  1. ティーポットを用意する(急須でも可 蓋付きのもの)

必ず温めて使うこと。そうしないと注いだお湯の温度が下がり成分が抽出されない。

  1. 茶葉の量を正確に計る

Full Leafでティースプーン小盛り1杯でカップ1杯分。
Brokenの場合は若干少な目にする。ティーメジャーを使ってもOK!
ポットの為の茶葉1杯は、好みによってどちらでも。

  1. 汲みたて、沸かしたての沸騰したお湯でいれる

紅茶は新鮮な汲みたての水を沸騰させた熱湯でいれるほどおいしくなります。

  1. しっかりと蒸らす

ポットの蓋をして蒸らし、紅茶のおいしさの成分が十分に出てくるための時間が必要です。

蒸らす時間の目安
Full Leaf 60〜240秒
Broken Leaf 45〜180秒

蒸らす時間は水の硬度などによっても変化します。
何度もチャレンジして自分にとって最も良い時間をさがしてください。


 

ティーバッグの入れ方(ポット編)

  1. ティーポットを用意する(急須でも可 蓋付きのもの)

必ず温めて使うこと。そうしないと注いだお湯の温度が下がり成分が抽出されない。

  1. 人数分のティーバッグを用意する

1人につき必ず一袋を用意する。バッグには一人分しか茶葉は入っていません。

  1. 汲みたて、沸かしたての沸騰したお湯でいれる

紅茶は新鮮な汲みたての水を沸騰させた熱湯でいれるほどおいしくなります。

  1. 時間を守って蒸らす

ポットの蓋をして蒸らし、ティーバッグの場合、45秒から90秒でOK。
バッグを出すときに激しく揺すったり、絞ったりすると味が悪くなります。


 

ティーバッグの入れ方(カップ編)

  1. 何かカップを用意する

必ず温めて使うこと。そうしないと注いだお湯の温度が下がり成分が抽出されません。
ソーサーのないカップを使うときは小皿などの蓋ができるものがあれば温度がさがらずよい。

  1. ティーバッグをいれて新鮮な湯を注ぐ

温めておいたカップにティーバッグを一袋いれて、熱湯を注ぐ。

  1. ソーサーを使ってカップに蓋をする

カップの場合、温度がさがってしまうのを防ぐために、ソーサーを蓋のかわりにして保温させます。

  1. 時間を守って蒸らして、最後にバッグをとりだす

蓋をして蒸らし(蓋がないときはそのまま)ティーバッグの場合、45秒から90秒でOK。
バッグを出すときに激しく揺すったり、絞ったりすると味が悪くなります。


 

にごらないアイスティーの入れ方

  1. ティーポットを2つとグラスを用意する(急須でも可 蓋付きのもの)

一つはホットティーをいれるのと同じように温めておく。もう一つには氷をあふれんばかりにいれておきます。
グラスにも氷をたくさんいれておきます。

  1. 茶葉の量を2倍にして紅茶をいれる

ゴールデンルールの2倍の茶葉を使ってホットティーを作ります。蒸らし時間とかはちょっとながめ。

  1. 急速に温度をさげる

アイスティーのにごる原因はタンニンとカフェインの結合。これを急速に冷却して結合させないようにします。
というわけで、ホットティーを一気に氷入りポットへ注ぎます。

  1. グラスへそそぐ

一気にポットにそそがれた紅茶は、これからカフェインとタンニンが結合しようとしています。
さらに冷却するために、氷入りのグラスへ注ぎます。

これで、にごらないアイスティーのできあがり。2段階で冷却することによって素早く冷たい紅茶ができます。
しかしそのままグラスで放置しておくとやはりにごります。(^-^; そういう場合には少しお湯をいれるとクリアになりますよ。

 

 

 

 

Copyright 1996-2014 Tadashi Kitatani all rights reserved.