紅茶を知る    茶葉・銘柄を知る / 等級を知る / 旬を知る / 文化を知る / 歴史を知る / 特性を知る / 入れ方を知る / 水との相性を知る / 扱い方を知る
 blog headline:

 

紅茶の文化

書籍等を参考にしております。不都合などあればご連絡ください。

 

 紅茶の生まれは中国です。なのに、紅茶文化はヨーロッパです生まれ、東洋に伝わってきました。中国では「チャ」といわれるものが、船でイギリスにわたると「ティー」となり、フランスで「テ」ドイツで「テー」、ロシアでは「チャイ」といわれるようになりました。

 最初にヨーロッパに伝わったのは緑茶で、1610年のことです。そのころ、ヨーロッパではコーヒーが先に広まりアフリカに植民地を持つフランスの独占貿易でした。しかし、イギリスでは、国による慣習への強制力が家庭にも紅茶を浸透させました。その結果、イギリスでの紅茶文化が発展したのです。17世紀には、中国から茶の直輸入が始まり、19世紀にはイギリスの植民地であるインドのアッサム地方で、自生の茶樹が発見され、さらに紅茶文化の発展を促しました。

 1711年頃から約1世紀の間、イギリスの財政は紅茶の税金で賄われるほどで、その税率も125〜200%までととんでもない高税率でした。しかし、その高い税率に民衆が納得するわけが無く、密輸や暴動まで起こり、アメリカのイギリスからの独立が紅茶の高い税率からのトラブルが原因だったともいわれています。

 日本の紅茶文化は1887年に紅茶が初めて輸入されて始まりました。その後1906年に明治屋がリプトン紅茶を初めて輸入して販売しました。また、国内でも紅茶が製造されており、明治政府の奨励の元で1927年に三井紅茶(現在の日東紅茶)から販売されましたが、その後人件費の向上などの理由から1917年に紅茶の輸入自由化も伴い製造が打ち切られました。

 現在、イギリス人の年間一人当たりの紅茶消費量は約2.6Kg。以前よりは減少傾向にありますが、これでも80%のイギリス人が、毎日平均5〜6杯の紅茶を飲んでいるという計算になるそうです。一方、日本人は年間一人当たり約100g強で、イギリス人の約25分の1です。

 茶は中国から各地へと伝わり、世界のどこでも茶はとても似た名前で呼ばれています。これら各言語の呼び名は、茶を表す広東語のchaあるいは福建語のtayのどちらかの流れをくんでいます。広東語に近い呼び名で呼んでいる国々は歴史的に茶と関わっているところが多く、福建語に近い呼び名で呼んでいる国々はインドネシア経由で茶が伝わったのが特徴です。

 

 

伝統的なイギリスのティータイム

・アーリー・ティー(ベッド・ティー)
 朝の起き抜けの一杯です。まだ眠りから覚めきらないぼんやりとした頭を、紅茶の香味ですっきりと目覚めさせます。また、お通じを良くする高架もあります。1日のうちで、最もプライベートなお茶の時間といえるでしょう。忙しい現代では、このすてきな習慣も失われつつあります。

・ブレックファースト
 イギリス人の朝食に紅茶は欠かせません。マグカップなどにたっぷり注がれた紅茶に、カリカリに焼いたトースト、コーンフレーク、ベーコン、卵、フルーツなどが用意されます。

・イレブンジィズ
 朝のあわただしいひとときの後で、または仕事の手を休めて、気分転換に飲む紅茶の時間です。以前は、会社などに専門にお茶の支度を受け持つティー・レディーがいて、ワゴンでお茶のサービスをしてくれていました。このティーブレイクは仕事場でも家庭でも15分ほどで手早くすませます。

・ミッディ・ティーブレイク
 午後のおやつ時のティータイムです。親しい近所の方などと、気楽なおしゃべりを楽しんだりもします。この場合は、クッキーや簡単な焼菓子などを用意します。

・アフタヌーン・ティー
 ミッディ・ティーブレイクの特別なものとして休日に催します。社交を目的としており、午後の4時頃から始まります。センス良くテーブルセッティングをして、メニューもサンドイッチやスコーン、クッキー、ケーキなど豪華にそろえ、会話を楽しみます。19世紀中頃に、イギリスの7代目ベッドフォード公爵夫人アンナ・マリアが、夕食までの間の空腹に耐えかねて午後の5時頃に紅茶を飲み、軽食をとったことがはじまりとされています。

・ハイ・ティー
 イギリスの工場地帯や農村部、それにスコットランドに伝わる夕食のことで、今日まで続いている習慣のことです。もともとは、午後6時頃帰宅した男性と子供達のためにもので、肉類(ミート)中心のメニューで、飲み物がティーに限られていたことから、別名「ミート・ティー」とも呼ばれます。「ハイ・ティー」の語源は、ハイバック・チェア(小さい子供の食事用の脚の高い椅子)の「ハイ」からきたものといわれています。現在では、コンサートやオペラなどに出かける前に、軽い食事を兼ねたお茶の時間をさすことが多いようです。メニューは、クッキーケーキ、サンドイッチなどの他には、ナッツ類、魚や肉類が用意され、男性が参加する場合にはオードブルやアルコール類も出されます。

・アフタディナー・ティー
 夕食の後や、ねる前にひとときをくつろいで過ごすためのティータイムです。家庭だけの場合はもちろん、お客様とのディナーが終わった後にお茶の時間の場合もあります。やや薄目のミルクティーなどで体を温め、緊張を解きほぐします。ときには、ウイスキーやブランデーをほんの少し入れるのもよいでしょう。チョコレートなど、甘みの強いお菓子を少量添えます。

・ナイト・ティー
 1日の終わりにくつろいで飲む紅茶は、カップもティーカップにこだわらず趣味性の強い物もいいのではないでしょうかたとえば、抹茶のお茶碗などで飲むと、いつもの紅茶もまた違った味わいをもたらしてくれるでしょう。

(ティータイムに関する参考文献 大泉出版 おいしい紅茶)

 

 

Copyright 1996-2014 Tadashi Kitatani all rights reserved.