あとがき    リンクについて / 作者の紹介 / 作者の戯言 / お茶の旅行レポート / アンケート

旅先お茶レポート

 

ホテルにチェックインしたのが現地時間で21時くらいだったので、そこからナイトマーケット(屋台街)へ。

そこでもまたお茶を発見。日本ではこういうスタイルのドリンクはみけけないです。プラスティックのカップに塩ビで密閉されたパッケージ。ちょっと新鮮。

ちなみに写真は、名前を忘れちゃったけど「梅」味のお茶です。かなり梅味が強く、これも酸っぱかった・・・。おまけに劇的に甘くて最後まで飲めませんでした。

 

 

 

こっちは日本でもメジャーな「珍珠乃茶」。黒タピオカ入りミルクティーですねー。このサイズで20元(約\66-)ということで安いです。甘さは思ったよりましで、ミルクの味がかなり勝っていて、ミルクティーというより日本の缶紅茶みたいな感じでした。

最後に「冬瓜茶」。これは冬瓜なのかよくわかんないけど、こんな名前でした。これも20元。

味の方はまたまた衝撃的な甘さです。(笑)なんでここまで甘いのー!ってくらい。脳天直撃する甘さという感じだけど伝わるかなー。あ、ガムシロップを飲むくらいのイメージがちょうどいいかもしれない。

 

もどる。  つづく。

 

 

Copyright 1996-2014 Tadashi Kitatani all rights reserved.