紅茶を楽しむ     本を紐解く / レシピをみる / グッズをそろえる / お菓子をつくる / テーブルウェアにこだわる / 紅茶の豆知識 / コラム / おすすめグッズ

ティータイムを飾るグッズ

 

ティータイムにはいろいろな道具を使いますよね? ここではいろいろな道具の選び方などを紹介します。

ティーカップ

 

特に選ぶ基準はありません。自分の気に入ったカップが一番ですね。

容量についてはコーヒーカップよりティーカップの方が多いのが一般的で、200ccくらいになります。少し大きな感じがするかもしれません。

また気軽にマグカップを利用してもいいと思います。ティーカップは薄手のものが多いので、保温性ではマグカップの方が優れています。

 

 

ティーポット

 

これも自分が気に入ればなんでも良いと思います。

カップと違い注意点が少し。

  • 「保温性」が高いこと。
  • ふたがきっちりと閉まるもの。
  • 注ぎ口の水切れがいいもの。
  • 丸みをおびていて、ジャンピングがおこしやすいもの。

これさえ守ればおいしい紅茶がいれれるとおもいます。

あと、ガラス製だとジャンピングが見えるし、紅茶の色でも飲み頃がわかるので便利。

私は入れるときにガラスのコーヒーサーバーを使うことも多いです。飲むときまでの保存用に、ナルミの天使のさんぽシリーズを使ってます。おもわず一目惚れしてしまったポットです。
(手持ちのテーブルウェア紹介はこちら。

 

 

 

ティーメジャー

 

これはティースプーンで代用できます。

間違えてコーヒースプーンを使うと茶葉が少なくなってしまうので注意すること。

ティーメジャーは軽く1杯でちょうど1杯分になるようにつくられています。値段もす ごく安いとおもいます。300円くらい売られています。ちょっと飾りとかにいいかもしれません。

写真のように金属製や陶器製などいろいろです。

 

 

ティーコジー

 

これはポットの中の紅茶が冷めないようにポットを覆うもの。

最近は紅茶ブーム?のおかげか販売されているのをよく見かけます。以前は自分で作るのをおすすめしていました。作り方はキルト地をポットが覆えるように縫い合わせるだけです。

写真のティーコジーはAfternoon Tea Roomのもの。キルト地じゃないので、保温性はあまり高くないかも。

 

 

クリーマー

 

ミルク用のグッズで、ティータイムにはミルクをいれて、自分の必要な量だけ入れる為のミルク入れです。

あと、冷たいままのミルクだと水温がさがることもあって、クリーマーにいれてある程度あたためておけるという便利さもありますね。

気分次第のグッズかも。

 

 

シュガーポット

 

これも必要に応じてですが、砂糖をいれておくグッズ。今さら説明はいらないですよね。

グラニュー糖を使うことが無難だと思いますね。さらさらしたものでないと使いづらいですし。

 

 

ティーキャディー

 

茶葉を保存しておく専用の容器をティーキャディーといいます。種類はいろいろあるけれど、密封できて光を通さない臭いのないものを選ぶといいみたい。

写真のものは釉薬のついた磁器製キャディーです。ふたは木製なので条件としてはすこしよろしくないけど、やっぱり自分の好みで選ぶのがいいですよね。

あくまでの一時的な保存なので、3ヶ月以内には飲みきるようにしましょう。(できるだけ短期間で消費が望ましいですね。)

 

 

 

その他の定番グッズ

  • ストレーナー

いわゆる「茶こし」です。これも茶葉がカップに入らなければそれで結構です。でもせっかくのティータ イムなんだから、ちょっとお洒落なものもいいかも。百貨店などで販売されている銀メッキや金メッキの ものなんかいいかも。値段は1500円くらいからです。あと、穴が大きいとブロークンなどの茶葉がこ せないこともあるので、注意! それに回転式だとこした茶葉からの滴がおちないので便利。

  • 時計

紅茶の蒸らす時間を正確に計る道具。砂時計なんかがお洒落でいいとおもいます。まぁ時間がわかればよ いので、台所用のタイマーなんかでいいとおもいます。秒単位ではかれれば一番よいかな。ちなみに私は 10秒刻みで蒸らす時間を決めているので砂時計でなく、台所用のタイマー使ってます。あとは腕時計のストップウォッチとか。

  • ホットウォータージャグ

紅茶を飲んでいて渋いなーとか濃いなと感じた際に薄める為のお湯をいれておく水差しのこと。ケトルじゃ味気ないですからこういうグッズがあると雰囲気はいいかもしれないですね。紅茶用以外に他のティーポットを用意しておいて代用なんて方法もあります。

 

 

これらの他にも便利なグッズがあります。そのうちの一部を紹介。

ティークリップ

購入した袋入り茶葉を保存するのに困っていたりしませんか?

そこで便利なのが、このティークリップ。写真ではレピシエさんのものを紹介しています。
商品名は「オリジナル茶パッチ」というようです。

3本で280円くらいだったと思います。使い方も至って簡単。こういうのが手元にあると重宝します。

購入場所  レピシエ 千駄ヶ谷店

 

ティーフィルター

ポットの中に広がる茶葉。飲むときはいいんだけど片づけが・・・・。

というわけで、こんな商品。コーヒーではネルドリップなんて手法がありますが、それの紅茶版?!

レピシエのサロンでもこのアイテムで紅茶をいれています。(思わず凝視しちゃったよ・・・・)

サイズは大小があります。どちらも1点150円です。使い方も至って簡単。ソムリエのような舌を持っているわけじゃないので、私はこのアイテムによる味の差がわかりませんでした。

(ちなみにレピシエフリークなわけじゃないです・・・)

購入場所  レピシエ 千駄ヶ谷店

 

 

 

 

Copyright 1996-2014 Tadashi Kitatani all rights reserved.